• 卒園して終わり、じゃない。鶴見どろんこ保育園で卒園児の同窓会開催

    各園イベント 2017年08月23日
    同窓会

    8月19日(土)、鶴見どろんこ保育園で卒園児の同窓会が開催され、14組の親子が参加しました。集まったのは、3年前に卒園した子どもたち。小学校3年生になりました。

    鶴見川の花火大会を保育園のテラスから観賞する予定でしたが、生憎のお天気で雷との競演に。でも、子どもたちはお構いなし!久しぶりに会う友達と一瞬で“あの頃”に戻ったようで、楽しそうに遊んでいました。


    久しぶりに並んで食べる食事。みんな嬉しそう!


    一瞬であの頃に戻って楽しく遊べました!

    卒園しても終わらせない、ずっと育てていく絆

    「卒園しても、集団生活の出発点であるこの鶴見どろんこ保育園のことを忘れずに、何かあってもなくても、いつでも帰ってきてください。とみなさまにお伝えしています。」と語るのは、鶴見どろんこ保育園開園以来、園長を務める江間幸子園長。

    「久しぶりの再会を心待ちにしているのは、子どもたちだけではありません。保護者の皆さまも楽しみにされています。子どもの成長とともに出てくる新たな子育てに関する悩み相談や情報共有の場としても、園で集まれるこの機会を大切にしたいとの声もあります。」

    「鶴見どろんこ保育園の保護者のみなさまは、ご自身の子どもたちが卒園しても、毎年どろんこ祭のサポーターをしてくださったり、バザーを盛り上げてくださったりと、一年を通して様々な場面で関わりを持ってくださる方がたくさんいらっしゃいます。卒園したら終わり、ではなく、卒園後もずっと繋がっていくことが、地域ぐるみでの子育てに繋がるのではないでしょうか。」

    どろんこ会は地域との繋がりを大切にしています

    地域ぐるみで子どもたちを育てる保育を実践しませんか?

    採用情報をみる

    関連リンク


    「鶴見どろんこ保育園」には子どもたちがめいっぱい駆け回れる広々とした園庭があります

    鶴見どろんこ保育園

    関連記事