• デンマークのコペンハーゲン市より視察団が来園

    各園イベント 2016年05月18日
    保育園を視察するコペンハーゲン市の視察団

    社会福祉法人どろんこ会が運営する認可保育園「P’sスマイル保育園」に、2016年5月13日(金)、デンマークのコペンハーゲン市より視察団が来園しました。

    視察団は、コペンハーゲン技術・環境担当市長のモルテン・カベル氏のほか、コペンハーゲン技術・環境委員会の合計14名で来日。「日本の駅ビルに設置された保育園を調査したい」とのことから、JR東日本さまと駅ビルのCIALさまにもご協力いただき、P’sスマイル保育園を視察していただきました。

    子どもたちが描いたデンマーク国旗でお出迎え子どもたちが描いたデンマーク国旗でお出迎え

    CIALの屋上も視察一部を園庭として利用するCIALの屋上も視察

    どろんこ会 理事長の安永愛香と、コペンハーゲン市技術・環境市長のモルテン・カベル氏どろんこ会 理事長の安永愛香と、コペンハーゲン市技術・環境市長のモルテン・カベル氏

    日本とデンマークの保育発展に向け

    どろんこ会グループでは約10年前から「海外インターンシップ研修」として、先進的な福祉政策で「世界一幸福な国」とも言われるデンマークへの職員研修を行ってきました。バスを使った移動保育や、郊外の森で一日を過ごす自然保育など、デンマークで学んださまざまな取り組みが、どろんこ会の保育園運営にも活かされています。

    しかし、発達した都心部での育児環境づくりは、日本もデンマークもまだまだこれから。意欲ある子どもたちを育てるために、私たちは国境の壁を超え、これからもより良い保育を目指していきます。

    関連リンク

    P’sスマイル保育園

    関連記事