• お米大好き!な職員たちが参加する稲刈りレポート

    トピックス 2017年10月19日

    南魚沼市は国内有数の豪雪地帯として知られ、冬は2メートルを超す積雪もめずらしくありません。この大量の雪がもたらす清らかな雪解け水と、盆地ならではの昼夜の大きな気温差が、この地域で際立って品質の高いお米が生み出される秘訣と言われます。「日本一おいしいお米」と評価される南魚沼産のコシヒカリ。私たちどろんこ会は、保育園の給食に出される栄養満点の「五分づき米」を、毎年たくさんの園児たちを連れて田植え稲刈りに訪れるこの南魚沼のど真ん中で生産してきました。今回は毎年恒例のお米大好き!な職員たちが参加する、稲刈りの様子をご紹介しましょう。


    日本一おいしいお米の産地、南魚沼。


    関東エリアの園の職員や、本部職員など総勢30名以上が家族みんなで参加しました。


    今年初参加の職員も時間が経つにつれて慣れた手つきに。


    毎年参加している職員は、ベテランの貫禄!


    本部職員も、子どもと一緒に参加。今日一日でちょっと逞しくなったかも?


    2日目の朝、籾殻を燃料にした昔ながらの炊飯器「ぬか釜」でごはんを炊きます。


    青空の下いただく炊きたてご飯とお味噌汁は格別!

    今年初めて参加の職員も、数年欠かさず参加し続けている職員も、食物のありがたみを感じながら額に汗し、おいしい空気を吸って、美味しいご飯をたらふく食べて、幸せいっぱい。子どものにんげん力を育てるには、まず職員自身から!と、楽しみながら努力をしている職員がたくさんいます。

    関連リンク

    育むのは、子どもの「にんげん力」だけじゃない。
    どろんこ会には、職員自身のにんげん力を鍛える機会もたくさんあります。

    現在、保育士を積極採用中!

    採用情報をみる

    関連記事