• ようこそ、どろんこ会へ!2018年度新入職員内定者懇親会レポート

    トピックス 2017年11月09日

    2017年10月30日(月)、どろんこ会本社オフィス(渋谷)にて、2018年度新入職員内定者懇親会を行いました。今回は、保育士、栄養士として内定が出ている男女合わせて50名程の学生が参加しました。

    待っていました、若い力!本社全体が歓迎ムード


    運営本部長、桑原の挨拶。

    懇親会は運営本部長の桑原の挨拶からスタート。集まった学生に2つのことを伝えました。「1つ目は社会人になると自分の時間を持つことが難しくなるので、とにかく今のうちに遊んでください。そして2つ目は、ぜひ同期との出会いを大切にしてくだい。配属後はなかなか会うことができなくなると思いますが、何かあった時に心の支えになってくれるのも、今ここに居る同期です」。春の入社に向けて、残り少なくなってきた学生生活をどう過ごすか、また新社会人としてどう気持ちを切り替えていくか、人生の先輩としてメッセージを送りました。

    内定者懇親会01
    会場となった本社大会議室からは、このような眺望が。

    内定者懇親会04
    リラックスした雰囲気の中、学生同士や職員との交流が盛んに行われた会食。


    園で活躍する若手職員から選抜されたリクルーターも参加しました。

    笑顔もこぼれた食事の後は、自己紹介タイム。得意なスポーツや好きなミュージシャンの話、バンド活動をしていることなど、それぞれ自分をアピールしてくれました。中には、「フラダンスにはまっている」「アルバイトでバーテンダーをやっている」などといった個性派の面々も。同じ趣味の仲間や同郷の人がいると分かり、一気に皆さんの親密さが増したようです。


    まずは入社1~3年目の先輩職員。趣味や特技、入社してからの楽しいこと、伝えたいことなどを話しました。

    内定者懇親会05
    大きな声で自己紹介をする学生。

    内定者懇親会07
    時折、どっと笑いがこぼれるなど、大盛り上がりの自己紹介タイムでした。

    懇親会も終盤となったところで、どろんこ会グループの高堀が内定者にエールを送りました。「入社後は先輩に敬意を払いつつも、若い皆さんがどんどん新しい提案をしてくれたら嬉しいです。焚き火やキッズキャンプなど、どろんこ会の恒例行事となっているイベントも、入社して何年目かの若い先生の企画です。にんげん力のある子どもたちを育てていくために必要と思うことは、どんどん発信してください。みなさんと一緒に働けるのを楽しみにしています」

    内定者懇親会08
    熱いメッセージを贈る高堀。

    内定者懇親会09
    人事部長の井本からは住宅補助など様々な福利厚生制度のほか、一人暮らしへ向けての具体的な指南も。

    約2時間半の懇親会もあっという間に終わり、全員で記念撮影をして解散となりました。来春、また皆さんにお会いできるのを職員一同楽しみにしています!

    内定者懇親会10
    ガッツポーズで記念写真。新入職員のパワーがさらにどろんこ会を盛り上げてくれるはず!

    就活中のみなさん!どろんこ会は、まだまだ新卒採用継続中です!

    私たちと一緒に、にんげん力のある子どもたちを育てませんか?
    保育士、調理師、栄養士を募集しています!

    採用情報をみる

    関連記事